スポンサーリンク

咳が出ない喘息もある~娘の喘息について~

Pocket

寒くなり、インフルエンザや風邪が流行る時期になりましたね。

幼稚園や保育園に通っていると、どんなに注意していも風邪をもらってきてしまうこともありますよね。

今、我が家では子供たち2人とも風邪気味です。
熱はなく元気いっぱいなのですが、鼻水が出ています。

こうなると喘息の発作が起こりやすくなるのです。

先日、幼稚園のママたちとお話していて小児喘息の子がクラスにも数名いることを知りました。
でも同じクラスの子でも喘息の発作や種類はそれぞれです。

 

皆さん、喘息の発作と聞くと咳が止まらない!と思いますよね?

しかし、、、

娘の喘息は咳はあまりでないのです。
ほとんど咳はしていないのに喘息の発作が出ていることがあります。

スポンサーリンク

どういうことかというと、ゼイゼイ呼吸が苦しくなるのです。
咳はほとんどしていないので、本人が苦しい。と言ってくれないとわからないことがあります。

これは胸の音を聞くとわかるのですが、鼻水と痰が出ているとさらにわかりにくいのです。
鼻水と痰で喉がゴロゴロしてゼイゼイしているのか?喘息の発作でゼイゼイしているのか判断するのがとても難しいのです。

病院に行き、先生に診てもらうとすぐにわかりますが、親の判断だと難しいです。

それでも本人が苦しいと言ってくれるようになると喘息の発作なのだとわかります。

数日前から吸入も自宅で何度かしました。

娘の場合は、吸入がすぐに効いてくるので呼吸は楽になります。
咳が出る喘息はとても辛いですが、咳が出ない喘息は見分けるのと親が気付くのが遅くなります。

咳が出来ない喘息があるということを知らない方も多いと思います。
咳が出ていなくても呼吸が苦しそうというときには喘息の発作かもしれないので気を付けてみてください。

我が家は、娘も息子も喘息なのですが、姉弟でも喘息の種類が違います。

今書いたように、娘は咳のほとんど出ない喘息です。息子は咳の出る喘息です。

子供の年齢が上がってくると自分で苦しいと伝えることが出来ると思いますが、小さいうちは苦しくても伝えることができません。

親が注意してみること、風邪だと判断せず、きちんと診てもらえる病院を選ぶことをおすすめします。
喘息は早く治療を始められることがとても大切です。

小児喘息については治る可能性の高いものです。
そのためにも早期治療がとても大事です。

私の場合、娘の喘息に気付くのが遅くなってしまったので治療も遅くなりました。

喘息の発作には咳が出来ないことがある。これを是非、覚えていてほしいと思います。d

スポンサーリンク

Pocket

【あなたにおすすめの記事】
rurimama
rurimama
出身地:東京都 年齢:31歳 血液型:AB型 性格:極度の負けず嫌い、世話好き 3歳の娘と1歳の息子を子育ています。 毎日怒ることばかりで言葉遣いも荒くなり、反省の日々ですが、思ったことは何でもやりたい!挑戦してやる!負けたら終わりだ! という気持ちで子育ても頑張っています。 妥協はしません。「無理」「出来ない」という言葉が嫌いです! それを言ったらおしまいです。 という風に一応、いつも全力で頑張るのですがよくパンクします(笑) 現在は自宅てピアノ教室を開き子供たちにピアノを教えています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です