スポンサーリンク

アレルギー負荷テスト〜乳アレルギーに負けない!〜

Pocket

息子は離乳食を始めた6ヶ月頃、ベビーヨーグルトを食べて全身に赤い発疹が出ました。

その後、アレルギー検査をするとたくさんのアレルギーが見つかりました。
詳しくはこちら
大豆アレルギーでは納豆も大好きで食べられるようになりました。

小麦アレルギーでは麦茶も少しずつ飲めるようになりましたし、うどんやパスタの量を増やしても発疹も出来ずに大丈夫そうです。ただ、体調が悪い時などはなるべく控えています。

発疹は出ないのですが体調のせいかよく吐き戻すことがあるので注意しています。

スポンサーリンク


そして1歳を過ぎ少しずつ乳製品にも挑戦することにしました。

試すのは必ず体調が良い時、病院がやっている平日の午前中のみです。

万が一アレルギーが 出てしまった時にすぐに対応してもらえるようにしてます。まずはヨーグルトを1口から始めました。

1口食べさせても体や口も周りに発疹が出ていないことを確認して大丈夫なら増やして行きます。

現在4口くらいまで食べても大丈夫になりました。

そして次は牛乳。

お姉ちゃんが毎朝飲んでいて本当は息子も一緒に飲みたがるのですがダメと言っていたので少しストローで飲ますとうれしそうにしていました。

1口飲んで初めての牛乳にあまりおいしくなかったのか変な顔をしていました。

牛乳も発疹はなし。

この調子で少しずつですが牛乳もチャレンジしています。

牛乳が飲めるようになれば卒乳ももう少しかなと思っているのですが最近赤ちゃん返りなのか頻繁におっぱいをほしがり、ダメと言うと大泣きするようになりました。

もうすぐおっぱいを終わりと言われるのが嫌なようです。

最近、おっぱいのことも「パイパイ、パパパ」など少し言葉でもほしいものを伝えるようになってきました。

チーズはまだ試していないのですが少しずつ試していみようと思います。

1歳6か月になるとまたアレルギーの血液検査も待っています。

そこで数値が下がっていることを期待したいです。

お姉ちゃんと同じものが少しずつ食べられるようになって本人もうれしそうですし、娘にも我慢させることなく一緒に食べられるようになると良いなと思います。

二人仲良く食べている姿を見られると私もうれしくなります。

スポンサーリンク

Pocket

【あなたにおすすめの記事】
rurimama
rurimama
出身地:東京都 年齢:31歳 血液型:AB型 性格:極度の負けず嫌い、世話好き 3歳の娘と1歳の息子を子育ています。 毎日怒ることばかりで言葉遣いも荒くなり、反省の日々ですが、思ったことは何でもやりたい!挑戦してやる!負けたら終わりだ! という気持ちで子育ても頑張っています。 妥協はしません。「無理」「出来ない」という言葉が嫌いです! それを言ったらおしまいです。 という風に一応、いつも全力で頑張るのですがよくパンクします(笑) 現在は自宅てピアノ教室を開き子供たちにピアノを教えています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です