スポンサーリンク

お姉ちゃんの時間〜上の子との接し方〜

Pocket

息子が産まれてからママは弟に取られてしまった、、、。

そう娘が寂しい思いをしないようにと気を付けていました。

それでもなかなか自分が思っているようには子育ては出来なくて、、、。

気付くと娘に怒ってばかりいました。

まだまだ何もわからない弟に意地悪する娘。

ついつい、「お姉ちゃんなんだから」と口癖のように言ってしまっている自分がいました。

主人からも何度も娘に対してちょっときつくない?と言われました(汗)

わかってはいるんです。

もっと娘に優しくしたいし、娘との時間をつくってあげたい。

そう思うのですがなかなか時間を作ってあげることが出来ずにいました。

娘もまだ3歳。

たくさんママに甘えたい時期ですよね。

娘はお話も上手だし、ちゃんと言い聞かせればわかると思っていました。

だから余計、私も強く怒ってしまったり

なぜ出来ないの?

なぜやらないの?

なぜママを困らせるの?

と怒ることが多くなりました。

娘も泣くことが多くなり、これではいけないと思い娘だけの時間を作ることにしました。

スポンサーリンク


娘タイムは、、、

①息子がお昼寝している時

今までは夕飯の支度をしたり家事をしたりしていたのですが、娘と2人だけで遊ぶ時間にしました。おままごととをしたり、お絵かきしたり娘のやりたい遊びをします。

②夜、息子を寝かしつけたあと

娘とベッドでお話をしたりいっぱい抱きしめてあげたりする時間にしました。娘もとってもうれしそうにしていくれます。

③英語のレッスンの時間

今までは息子も一緒に英語のレッスンに連れて行っていたのですが、息子も歩けるようになり一緒にやりたがり娘の気が散ったりするので息子は近くに住む母に預けて娘と2人で英語のレッスンに行っています。

始めは息子を預けて行くのを嫌がった娘ですが、最近ではレッスンはママと2人で頑張る!と張り切ってくれています。

娘のと時間。

なかなかたくさんは作ってあげることが出来ないけれどこれからも大切にしていきたいと思っています。

スポンサーリンク

Pocket

【あなたにおすすめの記事】
rurimama
rurimama
出身地:東京都 年齢:31歳 血液型:AB型 性格:極度の負けず嫌い、世話好き 3歳の娘と1歳の息子を子育ています。 毎日怒ることばかりで言葉遣いも荒くなり、反省の日々ですが、思ったことは何でもやりたい!挑戦してやる!負けたら終わりだ! という気持ちで子育ても頑張っています。 妥協はしません。「無理」「出来ない」という言葉が嫌いです! それを言ったらおしまいです。 という風に一応、いつも全力で頑張るのですがよくパンクします(笑) 現在は自宅てピアノ教室を開き子供たちにピアノを教えています。

2件のコメント

  1. たぬきさん
    どうしても上の子は我慢したりすることも多くなるので少ない時間ですがなるべく娘との時間も大切にしたいと思います!たぬきさんの娘さんはママとの時間、幸せそうですね(^-^)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です